スポンサーリンク
スポンサーリンク

golang 標準パッケージ logについてまとめ

こんにちは、sho44(twitter:sho44)です。

goを勉強していてメモ代わりにまとめました。

logのライブラリとロガーの生成方法について書いています。

スポンサーリンク

ライブラリ一覧(全てではない)

log.SetOutput(hoge)

ログの標準出力先を指定する。

hoge = os.Stdout でコマンドラインに出力

hoge = 任意のファイル名 で指定したファイルに出力

log.SetFlags(hoge)

出力する内容を設定する。

hogeには

log.Ldate, // 日付
log.Ltime, // 時間
log.Lmicroseconds, // マイクロ秒
log.Lshortfile, // ファイル名+行番号
log.LstdFlags // 標準フォーマット(日付、時刻)

などを記載する。

hogeには|を使ってlog.SetFlags(log.Ldate | log.Ltime)のように複数指定することができる。

log.SetPrefix(hoge)

出力内容の前にhogeを出力する

ロガーを生成する

logger := log.New([出力先], [prefix], [ログの中身])
logger.Println(logger)