スポンサーリンク
スポンサーリンク

mixi TDD challengeに参加した

プログラミング

こんにちは、sho44(twitter: sho4485935826)です。

2021/11/7に行われたmixi TDD challengeの参加記です。

スポンサーリンク

なぜ参加したのか

  • TDDに沿ったコーディングをしてみたかった
  • mixiのエンジニアの方とお話ししたかった
  • 同年代のエンジニアと交流したかった
  • mixiのステッカーが欲しかった

参加して何を得ることができたか

  • 事前に用意していただいていたお題に沿ってTDDに沿ったコーディングを行えた
  • 同世代のエンジニアが普段何を行っているか話すことができた
  • 後日、人事の方とお話しさせていただく機会を頂けた
  • エンジニアの方と話す中で、mixiプロダクトのサーバー構成を少し知ることができた
  • どんなエンジニアの方がいるのか感覚的に知ることができた
  • ピクミンブルームというゲームがあることを知った
  • mixiのステッカーを頂けた
  • おやつとお酒とnoshのご飯を頂けた
  • twitterでフォローしている学生エンジニアが2人も参加していた

mixi新卒エンジニアの方同士の仲が良かったところと、mixi新卒エンジニアに対するmixiのエンジニアの接し方がしんどくなさそうだったので、働いている人間間のストレスはなさそうだなーと感じました。

取り組むお題があり、実際にTDDをしたことがある人にフォローして頂けたので、取り組みやすく理解が進みました。

事前にテスト駆動開発という本をパラパラと読んだり、t_wadaさんのTDDに関する動画を見たりしていました。その時に理解したことと実際にTDDを行うときの知識の乖離を把握できたことも良かったです。

実務ではt_wadaさんの動画で見たときのような細かいテストはしなさそうだなと。

ご飯を頂けたり、ステッカーやmixiパーカーを頂けたことも嬉しかったです。

ありがとうございました。

参加して感じたギャップ

参加前

  • 参加前は競技形式だと思い込んでいて、TDDの知識もRubyの知識もそんなにないんだが?と戦々恐々としていた
  • 上記理由から、ペアになった人に迷惑をかけてしまうかもしれない、、と思っていた
  • エンジニアの方と話せる時間はあっても30〜1時間程度だろうと思っていた

参加後

  • 競技形式でなく、ペアでお題に取り組む形だったので、気軽に取り組めた
  • 技術力レベル、知識レベルは同じくらいだったと思うので、迷惑はかけていないと思う
  • エンジニアの方と2時間程度話すことができた

ポジティブなギャップなのではないでしょうか。

個人的反省ポイント

  • TDD challenge中は他学生とペアプロで行っていた。ナビゲーターの時に、ナビゲーターの役に徹してしまい、コーディングの進み具合が遅かった
  • mixiエンジニアの方に質問したいことをまとめていなかったので、機会を最大限有効活用できたと思えない
  • リーダーシップを発揮しようと思っていたが、いまいちどこで発揮するのか決めておらず、自分から声を出していくくらいしかできなかった

ペアプロを行う際には、時間的制約や相手のスキルに応じて、ナビゲーターの時でもコーディングをした方が業務を進めることができるなーと感じました。

今回はあくまでも「TDDを知る」ことが大事だったので、コーディングを進めること自体は重要ではなかったのですが。

ランチとイベント終わりにそれぞれ1時間ずつほど質問する時間があったので、質問したいことを用意していたらさらに有意義な時間にできたなーと感じました。

漠然とリーダーシップを発揮しようと思っていたので、次のイベントではイベント中に行うことを具体的に決めておく。

まとめ

TDD challengeに参加することで、TDDに沿ってコードを書く経験ができました。

2017年?から開催されているとのことなので、おそらく来年も開催されると思います。

TDDに興味がある・mixiのエンジニアと話したい・学生エンジニアと話したい、方は楽しめるイベントだと思います。

大学生エンジニアが何をしているのか、どんな学習経路を辿ってきたのか、キャリアパスはどんなのか気になるので、sho4485935826をフォローして繋がってくれると嬉しいです。

プログラミング
スポンサーリンク
シェアする
スポンサーリンク
受験とプログラミングと雑記と